初めて身内が亡くなった時の事

昨年、介護老人福祉施設に入っていた祖母が亡くなりました。

身内が亡くなるのが初めてで、私もその他の親族も準備などしておりませんでした。

施設の方に言われるがまま、葬儀社を紹介して頂き、どのような葬儀があるかもあまりわからないまま、慌ただしく時間だけが過ぎていき、別れを惜しむ間も無く、葬儀となりました。

生前祖母は、「葬儀はしなくていいから」と言っていたのですが、流石にしないのも申し訳なく、家族葬で行いました。

私達は無宗教でしたので、葬儀社さまに全てお任せいたしました。

宗派が決まっていれば、葬儀までの段取りもスムーズだったのかなと思います。

1番安い?プランでお願いしたのですが、葬儀社さまの見積もり金額を見て親族一同はビックリしました。

私はまだ20代ですが、これから生まれてくる子供達の為にも、お金は残せるだけ残しておかないとな、と思いました。

葬儀当日までは悲しむ暇など無かったのですが、葬儀が始まると実感がわいてきてしまいました。

祖母のためはもちろん、親族のためにも、お別れの会は必要だなと思いました。

葬式をする時に、全体の準備や仕切っていく中心人物となるのが喪主になります。突然の事を考えて喪主について理解しておく事が必要になります。

将来的にあなたも喪主をしなければいけない場合もあり、それが家族の葬儀を行う時です。家族が亡くなってしまった場合ですが、基本的には同じ親族が喪主をする事になります。

特に親が亡くなってしまった場合は、その子供が喪主をするのが基本ですから将来的にあなたも喪主をしなければいけない事があります。

そこで、喪主について理解していなければどのような準備をしたらいいのか分からないですから、専門書を読んだりして知識を学んでおくようにします。

また、葬式に参加された時にはその葬式を仕切っている喪主を良く観察するのも大事です。喪主がどのように式を仕切っているのかを見ていく事によって参考になります。また、喪主を経験した人がいたらその人に聞いて、どのような事をしていけばいいのか聞いておくのも良いです。

PR|童話|クレジットカードの即日発行じゃけん|オーディオ|工務店向け集客ノウハウ|お家の見直ししま専科|英語上達の秘訣|住宅リフォーム総合情報|SEOアクセスアップ相互リンク集|健康マニアによる無病ライフ|内職 アルバイト|サプリメント|生命保険の口コミ.COM|家計見直しクラブ|お小遣いNET|マッサージのリアル口コミ.com|