特に首都圏住まいの方は「家族葬」が最適かも、

最近の新聞記事などをよく見ると終活とか葬儀に関することが、広告記事と共によく掲載されています。 先般もある購読の新聞記事が「家族葬」について書いてありました。 それらによりますと、要約すると都市部や首都圏等の生活においては家族というのが独立していて、ご近所付き合いが少なくなり、つまり家族単位になっているのが現状となっているのが実情となっています。

従って、葬儀などに関しても今日では葬式を出す場合は、所謂、広い意味の一般的な葬儀が次第に少なくなってきて、逆に小単位の家族葬が増えてきているとのことでした。 そう言えば筆者家族もそうですが首都圏での生活においては、人と人とのつながりやご近所さんのお付き合いというのが希薄になり、個人や身内の関係のみがどうしても強くなってしてしまう傾向が多くなってしまうのです。 

又、これらの家族葬というのは簡略化されて規模も小さいだけに費用面においても安価で出すことが出来るというメリットも有るのです。 他にも家族や身内、極く親しい方のみの参加、参列になりますので、その点も煩わしさや余計な気遣いも無いのが家族葬といえますので、此の方式というのは今風で最適かもしれませんね。